この記事をシェアする

コンビニで流行している商品を、インスタグラムのザワつき度合いから見つけ出し、調査員が目視で徹底的に調査した結果を報告する第二回目。今回のテーマも、前回に引き続き「コーヒー」。インスタグラムの世界おけるコンビニのコーヒーは、前週とはちょっと違ったことになっていた。

スターバックスの投稿数が前週の17倍に急増。

2週連続で同じカテゴリの商品について調査していると、大きな変化が起きていることに気がつくことがある。今回も、前週に引き続き、インスタグラムの世界における、コンビニコーヒーのザワつき度合いを調査してみたのだが、前週とは明らかに違う大きな変化が見つかった。

それは、スターバックスのチルドカップコーヒー。インスタグラムの投稿数が、前週は3つのコンビニの合計でわずか5件しかなかったのだが、今回の調査結果ではなんと85件。前週の17倍にも急増していた。コンビニの「その他のコーヒー(チルドカップコーヒーや缶コーヒーなど)」に占める割合も、2.8%から35.3%へと急騰。その他の商品が、前週とほぼ投稿数が変わらないのに対し、スターバックスだけが大幅に増えている。その傾向は、ローソンとファミリーマートに顕著に現れており、ローソンが2件から39件、ファミリーマートにいたっては、ゼロからいきなり34件も出現している。

スターバックスの「ストロベリーカスタードラテ」が、インスタ女子のハートを鷲掴み。

スターバックスの投稿数が、たった1週間で17倍に急増した原因。それは、4月10日に全国のコンビニで販売開始となった「ストロベリーカスタードラテ」だった。イエローとピンクのオシャレなデザインが目を引くカップがインスタ映えすることから、インスタ女子のハートを鷲掴みしたものと思われる。

写真と一緒に投稿されたコメントには、「ストロベリーカスタードラテ」を購入するためにコンビニを探し回ったといった内容が多く、実際に85件の投稿を目視でチェックしたところ、「やっと見つけた!」のような投稿が全部で11件もあった。発売から数日で、すでに商品を求めて探し回っている現象が起きていることがわかる。

気になる「ストロベリーカスタードラテ」の評価は「肯定派」が圧倒的多数。

気になる評価についても、全85件の投稿をすべて目視で確認にし分類してみた。結果は、「美味しい」「飲みやすい」ばどの肯定派が24件で、「微妙」「思っていたほどではない」などの否定派が6件と、圧倒的多数で肯定派の投稿が多い。

今回の調査期間中、インスタグラムを多少ザワつかせたスターバックスの「ストロベリーカスタードラテ」。このザワつき度合いが今後も勢いを増していくのか、それとも一過性で終わってしまうのか、結論を出すためにはもう数週間調査を続ける必要がありそうだ。ただ、一つだけ言えることがある。前回の調査で明らかになった、ローソンの「マチカフェ」のコーヒーカップのデザインや、今回の「ストロベリーカスタードラテ」のデザインのような、「可愛い」がインスタ女子の購買に大きな影響を与えているということ。

実際の売上にどれだけ影響を与えているかについてはちゃんと調査する必要があるが、「インスタ映え」から「インスタ消費」への流れが起きていることだけは、間違いがなそうだ。

この記事をシェアする